シグマ建築設計事務所 建築設計・住宅・店舗・新築・リフォーム・増改築、人と住まいをデザインするシグマ建築設計事務所

最新情報

業務内容

あなたの親愛なる良心様へ

古民家改修

茶室(ちゃしつ)は、日本式の茶道において、茶事の主催者(主人、亭主)が客を招き、茶を出してもてなすために造られる施設である。「茶席」「囲い」あるいは「数寄屋」と呼ぶこともある。大別して草庵風のものと書院風のものがあるが、一般的には草庵風のものを指す場合が多い。独立した建物として造られる場合と、書院などの建物内に造り込まれる場合がある。いずれの場合も露地と称する庭園を伴うのが一般的であったが、現代ではホテルや公会堂、商業ビルの一角などに造られることもある。禅宗の「方丈(一丈四方の意)」から出た四畳半を標準として、それより狭いものを小間の茶室、広いものを広間の茶室という。室町末期から桃山期にかけて発展・完成したが、日本の建築の中でも特殊な位置を占める。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶室

※写真は、Y邸の茶室

茶室画像ギャラリー

特集記事

小川の家

家族がつながる家

匹見川の断崖に建つ家

抱陽の家

【本 社】 〒699-5125 島根県益田市白岩町イ133 >>アクセスマップ
TEL&FAX:0856-25-2727
営業時間 AM 8:30~PM 17:30 
          (定休日:日曜祝祭日、第2・4土曜)